東京・京橋 コンテンポラリーアート・ギャラリー
アート・工芸の枠を超えて、活躍する作家を紹介
素材を限定せず、同時代に呼吸する多彩な作家作品の常設展と企画展を開催

Information

2024年前期スケジュール

 

睦月のかたち 展 1月10日(火) 〜 2月3日(土) (常設)
古舘 高孝  展 2月6日(火) 〜 2月20日(火) (版画)
山口かよこ 展 2月22日(木) 〜 3月8日(金) (絵)
小林恭子 展 3月12日(火) 〜 3月26日(火) (陶)
森 桜子 展 3月29日(金) 〜 4月12日(金) (絵)
松本敏裕  展 4月22日(月)〜4月27日(土)(絵)
Yun Hyung-sun 5月8日(水) 〜 5月21日(火) (絵)
片倉啓充  展 5月23日(木) 〜6月6日(木) (絵)
水無月の形 6月7日(金)~6月15日(土)
松永泰樹&鴨頭みどり展 6月18日(火) 〜 7月2日(火) (陶)
伴 幹雄  展 7月4日(木) 〜 7月19日(金) (絵)
朴 展 7月22日(月) 〜 8月2日(金) (陶)
BANKアートフェア 8月8,9,10,11日 ソウル

 

展覧会のご案内

ばん みきお Mikio Ban展 — 線と色のけはい —

‘24年7月4日(木)~7月19日(火)11:30〜18:30

日祝休廊(最終日17:00迄)

 

 

伴はどこにいるのかわからない作家であるが、いまは高山に居を決めているらしい。
何年か前蒲郡のご実家をお尋ねした折、母上がひどく彼のことを心配していらしたのを記憶している。
その後音沙汰なく、突如展覧会のお知らせの折は、全く別人の絵に変身し、興味がわいたというのが今回の個展である。
色彩・線・絵画・芸術・生きるを意識しながら描き続けるー彼の生きざま。いわゆる一搬的豊かさとは無縁の彼の生き方は、現代社会においては稀有な存在のように思える。出品作品約 30 点

 

 

 

プロフィール
1978 年 愛知県蒲郡市生まれ
2002 年 金沢美術工芸大学油絵専攻卒業
2018 年 岐阜県高山市にアトリエを構える。
2019 年 第 28 回全日本アートサロン絵画大賞展
特別賞(ターレンスジャパン賞)
2023 年 第 7 回宮本三郎記念デッサン大賞典 入選
個展・グループ展多数

 

 

 

 

 

CONTACT

    氏名

    メールアドレス

    題名

    メッセージ本文 (任意)